ゲルマニウム温浴 効果 船橋市 高血圧

ゲルマニウム アロマセラピー 船橋市 健康
千葉県船橋市のゲルマニウム温浴、飯山満(はでま)の有機ゲルマニウム温浴とは?
有機ゲルマニウム温浴とは?
有機ゲルマニウムとは?
ゲルマニウムは、約100年前にドイツで発見された亜金属元素です。
1967年、浅井一彦博士が焼く30年の歳月をかけ、世界で最初に元素№32のゲルマニウムを有機化しました。
ゲルマニウムそのものは外見銀灰色で固くてもろく、一見金属を思わせますが、実は金属ではなく非金属又は 亜金属と呼ばれ両性(イオン)+-の性格を持った半導体です。
有機化したゲルマニウムは薬ではありません。
これは、アサイゲルマニウムと呼ばれ、長年にわたる動物実験及び大学病院等における試験・研究の結果、多量の酸素を生み出し又、インターフェロンを誘発する働きがあることが立証されました。
体内に入ったゲルマニウムは20~30時間位で、尿や汗となって全て体外へ排出されます。
アサイゲルマニウムは、生化学的には毒性はもちろんの事、副作用も全くありません。
人間の生命維持には酸素は絶対欠かす事が出来ません。又、私たちは生きていく為に食事を取らねばなりません。
食物は体内に入ると燃焼してエネルギーとなり最後には炭酸ガスと水素となり、炭酸ガスは呼気により肺から排出され、水素は酸素と結合して水となり、体外へ排出されます。
その時人間にとって一番大切な酸素を多量に消費します。
このゴミに貴重な酸素を取られたのでは、たまったものではありません。
しかしこの有機アサイゲルマニウムは、強力な脱水能力(水素結合)があるため、酸素に変わって、水素を結合して体外へ排出します。
水素は体内にあっては全く何の役にも立たたないゴミみたいなものです。
有機ゲルマニウム
手足温浴とは?
人体の臓器の末梢神経及び毛細血管は約51億本あるといわれています。
なんとその2/3以上にあたる約38億本位が手のひら及び足の先に集まっています。
東洋医学で手のひら療法とか足の裏療法とかいわれていますが、その体の仕組みを活用しまして、前述のアサイゲルマニウムを溶かしたお湯に手と足を入れただけで5~10分たちますと多量の汗を促し、体の隅々まで血行を良くし、体質改善に最も大切な新陳代謝を盛んにします。  

ゲルマニウムについて詳しくお知りになりたい方は、浅井一彦著「ゲルマニウムと私」及び「ゲルマニウム賛歌」をご一読下さい。

「ゲルマニウムと私」「ゲルマニウム賛歌」は、当店で貸し出しもしております.。
※保証金として千円お預かりいたします(返却時にお返しいたします)
有機ゲルマニウム温浴 有機ゲルマニウム温浴
瞑眩(めんけん)反応について
有機ゲルマニウムに全く副作用や毒性が無い事は、各機関の調査によって証明済みです。
ただ、ゲルマニウム療法を続けてると、湿疹・発疹・患部の痛み・発熱・下痢などの反応が出る事があります。
これは、瞑眩反応と言い、漢方医学に昔からあるもので快方に向かう前兆の好転反応です。
ですから、瞑眩反応が出れば、治療の始まりであり、むしろ喜ぶべきだと言う事がいえます。
瞑眩反応は、放置しておけば自然に収まりますので、心配は要りません。
有機ゲルマニウム温浴 有機ゲルマニウム温浴